Welcome to Delicate template
Header
Just another WordPress site
Header

ilfico

1月 17th, 2014 | Posted by tsubode in お知らせ - (2 Comments)

昨日は打ち合わせで城陽のイルフィーコさんへ。
京都市外とはいえ、丸太町から烏丸線の地下鉄に乗りさえすれば
いつの間にやら近鉄「寺田」駅に着くのです(未だにこういう仕組みがよく分からず)。

駅から徒歩約5分。
閑静な住宅街にあるので
「ほんまにこの道でよかった?」と不安になる頃にお店の看板が見えてホッとする。
何度も伺ってるのに同じパターンの心持ちを繰り返す。

ランチタイム終了後でも店内にはまだお客様チラホラ。
相変わらずの賑わい。
空いているテーブルでオーナーの松本さんとピッツェリアの中島さんとあれこれな打ち合わせ。
で、その後の雑談がこれまた濃厚で。
打ち合わせより奥が深かったのは何故。

事細かにここに記すエネルギーは残ってないけど
私よかずっと若い方々から色々教えてもらった一日。

教習所

1月 11th, 2014 | Posted by tsubode in お知らせ - (0 Comments)

教習所

あるエッセイ本を読んでいて、その作家(男性)が40代で
自動車の教習所に通って運転免許証を手に入れた苦労話がおもしろかった。

私が運転免許を取得したのは20代の後半。
それでも当時通った教習所の受講者全体の平均年齢からすると上の方だった。
助手席に座って指導してくれる教官は随時変わるけど
大抵は年が10歳以上は年上で、その時の私には皆同じ「おっちゃん」にしか映らなかった。

2回程あきらかに若い教官に当たった。
「ツボクラさん、僕のお姉ちゃんと同い年ですね。」
カルテみたいなのに記された生年月日をを見ながら言われて
運転というこんな難しい事をこのヤンガーはすでに人に教えられる程習得してるのかと
半クラッチが得とく出来ず車体をロデオさせながら
ひそかに尊敬した(当時はオートマ限定なんて無かった)。

第一から第四のどの段階も規定回数内では0Kが貰えなかった。
「見極め」が通らなかったのだ。
各段階、追加料金を払って1〜2回多く教習を受けた。
今でも「見極め」っていうのかな。
30年近く経っても「見極め」という言葉を聞くと教習所を思い出す。
本当に「見極め」には悩まされた。

それでも仮免許と卒業検定はどちらもギリギリながら一度で通った。
今でもあれは奇跡に近い出来事に思う。
覆面パトカーのようなの愛想も何も無い佇まいの父のセダンを借り
あちこちにぶつけながら練習した。

今はほぼ何の構えも無く無意識に車を転がしているけど
とっさの判断力が鈍くなりつつある昨今、油断は禁物です。

2014

1月 4th, 2014 | Posted by tsubode in OPEN tsubode | お知らせ - (0 Comments)

新年

お正月はいかがお過ごしでしたか?

2014年 1月の OPEN tsubode は

10日(金)・11日(土)
17日(金)・18日(土)・19日(日)
24日(金)・25日(土)26日(日)

となります。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。